読書は”読む”派、”聴く”派?

こんにちは、えるです。

今回は昨今の読書について。

最近では読書をするときに以下のパターンに別れます。

  • 本で読む
  • 電子書籍について
  • 書籍を朗読で聴く

スマホやタブレット普及で電子書籍で読む人が増えてきたように、最近では本を”朗読”してくれるアプリなども普及しています。

本記事では。

本や電子書籍、Audible(朗読アプリ)について、それぞれのメリットそして、どちらの方法で読めばいいか。
についてご紹介します、参考になれば幸いです!

読書は”読む”派、”聴く”派?

読書は生きていく上でとても重要なことです。

活字に触れたり、知識を得たりと学校や社会に出てからも本を読むことはそれだけで価値があることです。

そして昨今では、様々な方法で”読書”を楽しむことができます。

それぞれのメリットについてご紹介します!

本や電子書籍のメリット

本や電子書籍のメリットは”テキストである”とういうメリットがあります。

例えば、何かを探すとき一回習ったことを復習するとき”テキスト”たどページを開けばすぐに見つかります。

自分のペースで読むこともできるので、繰り返し読むことで暗記もしやすい。

電子書籍について詳しく知りたい方は記事をまとめたのでこちらを参考にしてみてください!

  ↓         ↓         ↓

 

Kindle Paperwhiteを購入して良かった理由
こんにちは、えるです。 今回はKindle Paperwhiteを使用して感じたメリットについて。 ○本記事では購入を検討中の方のために 使用した感想(メリット・デメリット) 個人的におすすめしたいポイント ...

本や電子書籍のデメリット

次はデメリットですが、一番のデメリットはやはり”場所を選んでしまう”とういう点です。

どうしても、座ったり、落ち着いた場所出なければ本は読めません。

歩きながら本を読むこともマナー違反ですし、危険です。

 

読書を朗読で”聴く”メリット

続いては、”聴く”メリットですが最近では「Audible」というAmazonのサービスが普及しています。

「Audible」について詳しく知りたい方は記事をまとめたのでこちらを参考にしてください!

↓       ↓       ↓

 

今話題のAmazonオーディオブック-Audible使ってみた感想
こんにちは、えるです。 みなさんは今話題のAudible(オーディブル)をご存知でしょうか? ○本記事では Audibleとはどんなサービスか Audibleのメリット・デメリット おすすめの使い方 ...

「Audible」を簡単に説明すると、書籍を朗読してくれるサービスのことです。

一番のメリットは本や電子書籍と違い、場所を選ばないことです!

散歩や通勤、通学など、何かをしながら読書を楽しむことができるのが最大の利点です。

 

読書を朗読で”聴く”デメリット

一番のデメリットは”自分のペースで読めない”ということです。

ゆっくり朗読は進んでくれますが、人によってはゆっくりすぎたり速すぎたりするかもしれません。

そして、見返すときもどこで何が書かれていたのか見つけるのも人によっては難しいかもしれません

 

まとめ

結論どの方法が一番おすすめか。

答えは”両方”です!

例えば、学校や会社、家の中で時間がとれるならゆっくり読書を楽しんだ方が内容も入りやすいですし、勉強も捗ります。

ただ、通勤や家事の合間に読書を楽しみたいなら「Audible」などのサービスを使い”聴く”方がおすすめです!

シーンによって使い分けることで効率のいい読書を楽しみましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました